アールヌーヴォー、バタフライのブローチ(蝶、ガラスペースト、天然真珠)

「アンティークガラスペースト」と「天然真珠」のカラフルな色の競演 1890年頃のフランス製。
ピンク、ミドリ、青、ブルーこれらの美しい石はペーストガラスです。
まるでペリドット、ピンクトパーズ、ブルーサファイア、ガーネットを連想させるカラフルなアンティークガラスペースト。
ガラスペースト(ペースト、ペーストガラス)とは、粉砕ガラスを熱した練りガラスのことです。
近年ではこうした構図の美しい、手のかけられたアンティークガラスのジュエリーを見ることがとても少なくなりました。
フランスらしいそのカラフルな色の組み合わせは、見ているだけで楽しくなってきます
またぱっと見たときは見逃してしまいそうですが、実は羽の外側に天然真珠がぎっしりと敷き詰められています。
小粒ながら美しい天然真珠です。
合計16石の天然真珠が、まるで銀の台座に深く埋め込まれるようにセットされています。
目立たないように深く埋め込まれた渋い天然真珠と、カラフルなアンティークペーストの色の組み合わせが「陰と陽」に働き、色の美しさに溢れたブローチです。
アールヌーボーらしい躍動感溢れるバタフライ(蝶) モチーフは、アールヌーボーの作家がこよなく愛したモチーフの一つである蝶(バタフライ)。
躍動感な構図で、羽は一枚一枚が平面的ではありません。
中心に穴を開けてそこに爪を立てて石をセットするという、宝石に劣らない扱いをペーストガラスに施しています。
アンティークペーストのジュエリーを宝石以上に愛して収集されるお客様が時々いらっしゃいますが、こうしたところがまさにペーストガラスのジュエリーの醍醐味です。
蝶の触覚や眼、基部の部分のふくらみなどは、ドキッとするほどリアルでありながらどこか様式化された垢抜けたラインになっています。
このあたりもアールヌーボーのスピリットがよく出ていますね。
地金は銀になります。

  • 幅:28mm 
    高さ:20mm 
    重量:5.1g
  • 販売価格:売り切れました。

アールヌーヴォー、バタフライのブローチ(蝶、ガラスペースト、天然真珠)

世界にひとつだけの一点もの

  • 赤、ピンク、黄緑、水色、青、そして真珠の白。色の組み合わせも面白いです
  • 全体が2.8センチx2センチ程。ペンダントにしても可愛いです
  • 綺麗な天然真珠がほとんど埋め込まれるようにセットされています
  • 触覚や両目などはリアルなようでしてどこか可愛らしく様式化されています
  • 裏面を含め全体は銀でできています
  • アールヌーヴォー、バタフライのブローチ(蝶、ガラスペースト、天然真珠)
  • アールヌーヴォー、バタフライのブローチ(蝶、ガラスペースト、天然真珠)
  • アールヌーヴォー、バタフライのブローチ(蝶、ガラスペースト、天然真珠)
  • アールヌーヴォー、バタフライのブローチ(蝶、ガラスペースト、天然真珠)
  • アールヌーヴォー、バタフライのブローチ(蝶、ガラスペースト、天然真珠)
  • アールヌーヴォー、バタフライのブローチ(蝶、ガラスペースト、天然真珠)
  • アールヌーヴォー、バタフライのブローチ(蝶、ガラスペースト、天然真珠)
  • アールヌーヴォー、バタフライのブローチ(蝶、ガラスペースト、天然真珠)
  • アールヌーヴォー、バタフライのブローチ(蝶、ガラスペースト、天然真珠)
  • アールヌーヴォー、バタフライのブローチ(蝶、ガラスペースト、天然真珠)

上の写真をクリックするとアールヌーヴォー、バタフライのブローチ(蝶、ガラスペースト、天然真珠)の大きな写真が切り替わります。

アールヌーヴォー、バタフライのブローチ(蝶、ガラスペースト、天然真珠)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

バタフライ(蝶)をモチーフにしたアンティークジュエリー

蝶(バタフライ)の美しい姿は、古くから様々な美術品に描かれてきました。
特に19世紀後半のイギリスやフランスでは昆虫をジュエリーのモチーフにすることが流行し、その中で蝶はジュエリーのモチーフとしてもっとも多く登場します。
そしてバタフライの秀逸なジュエリーと言えば、やはりアールヌーボーのジュエリーです。
アールヌーヴォー様式で素晴らしい蝶のジュエリーが生み出されました。

多くの場合それは宝石で描かれましたが、中にはプリカジュールエナメルを効果的に使い、蝶(バタフライ)を表現した作品も作られます。

下記は、ジョルジュ・フーケ作の1901年製作のバタフライのブローチ。
あまりに美しい宝石のパレットです。
バタフライ蝶

下記は19世紀末、ルシアン・ゴートレ作のこちらはプリカジュールエナメルを大胆に用いたバタフライのブローチです。
バタフライ蝶

躍動的で色々な色を持つバタフライは、アールヌーボーのジュエラーが得意としていた宝飾技法を余すことなく発揮できる、格好の題材だったのでしょう。
バタフライ(蝶)をモチーフにしたアンティークジュエリーには、ダイヤモンドなど一色の宝石で統一されたジュエリーもありますが、他のアンティークジュエリーではあまり見られない、カラフルな色のパレットを楽しめるジュエリーもあります。
曲線を得意としたアールヌーボー様式の下「様式化された大胆なライン」が美しい蝶も見られます。
個性豊かなジュエリーを生み出した、アンティークジュエリーを語る上では欠かせないモチーフが蝶(バタフライ)なのです。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×