アンティーク三日月ブローチ(ペルピニャンガーネット、19世紀フランス)

何と言ってもペルピニャンガーネットが素晴らしいです 19世紀後期のフランス製。
以前にペルピニャンガーネットのジュエリーのセットを扱わせていただいてから、多くのお客様から「ペルピニャン再入荷はないですか?」とお問い合わせを頂いておりました。
その後、随分探し回りましたが満足の行くものがずっと見つからず、今回、数年ぶりのペルピニャンガーネットの入荷になります。
フランス南西部ペルピニャンでかつて採れた非常に明度の高い、明るい色のガーネット。
こちらのブローチは、電球色の照明下で見ますと明るい真赤色(写真は電球色下で撮影しています)、蛍光色の下でよりピンクの色がはっきり出ます。
いずれの色も、ボヘミアンガーネットとは異なる非常に明るい色で、それでいて石の内部から炎のように発する奥深さがあります。
石の裏側はクローズドセッティング。
クローズドの状態でこれだけ豊かに表情を変えるのですから、その色の豊かさに驚かされます。
ペルピニャンガーネットだけが魅せることの出来る奥深い赤色に魅了されること間違いありません。
三日月のグッドデザインはペンダントへの仕様変更も可能です モチーフは三日月。
フランスらしい美しいラインの三日月ですので、色々な角度でつけてその変化を楽しめます。
ブローチはあまり着けられないと言う方には、ペンダントへの仕様の変更が可能です。
工房で既に相談いたしましたところ、例えば針と蝶番(ちょうつがい)をの部分を削り取り。
現行のゴールドの留め具の受け部分を加工することで(今ある材料を活かす形で)比較的容易にペンダントへの加工が可能だそうです。
(加工賃8,000円程が別途かかります)。
ペンダントフックをあえて1つにすることで、胸元で三日月に動きが出せるの揺れて優美だと思います。
ご希望がございましたらご相談くださいませ。
地金は18金ゴールド。

  • 幅:26mm 
    高さ:26mm 
    重量:3.4g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティーク三日月ブローチ(ペルピニャンガーネット、19世紀フランス)

世界にひとつだけの一点もの

  • 横幅が2.6センチ程、ペンダントにもブローチにもちょうど良い大きさです
  • ガーネットは最大のもので直径7ミリ程、最小のもので直径4ミリ程です
  • ガーネットを留める美しい小さなゴールドの爪、浅めのファセットも美しいです
  • 台座の横のゴールドにはこのような金彫りがなされています
  • 9石のガーネットの両端は三角のゴールドのモチーフが伸びます
  • アンティーク三日月ブローチ(ペルピニャンガーネット、19世紀フランス)
  • アンティーク三日月ブローチ(ペルピニャンガーネット、19世紀フランス)
  • アンティーク三日月ブローチ(ペルピニャンガーネット、19世紀フランス)
  • アンティーク三日月ブローチ(ペルピニャンガーネット、19世紀フランス)
  • アンティーク三日月ブローチ(ペルピニャンガーネット、19世紀フランス)
  • アンティーク三日月ブローチ(ペルピニャンガーネット、19世紀フランス)
  • アンティーク三日月ブローチ(ペルピニャンガーネット、19世紀フランス)
  • アンティーク三日月ブローチ(ペルピニャンガーネット、19世紀フランス)

上の写真をクリックするとアンティーク三日月ブローチ(ペルピニャンガーネット、19世紀フランス)の大きな写真が切り替わります。

アンティーク三日月ブローチ(ペルピニャンガーネット、19世紀フランス)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

ペルピニャンガーネットとフランス南西部のアンティークジュエリー

イギリスのでもフランスでもアンティークジュエリーでもに使われているガーネットの大半がボヘミア産。
ボヘミアンガーネットはちょっと黒っぽい赤色をしており、アンティークガーネットと言うとそのイメージを強くお持ちの方も多いのはないでしょか?
しかしペルピニャンガーネットの用いられたアンティークジュエリーを見れば、そのイメージは払拭されるはずです。

ペルピニャンガーネットとは、フランス南西部ペルピニャン地方で産出されていた希少な美しいガーネットのことです。
ペルピニャンガーネットは、カタランの文化歴史を象徴する宝石で、その歴史は1750年に遡ります。
ペルピニャンガーネットが採掘されたのは、18世紀半ばから1920年代にかけてです。
ペルピニャンガーネット鉱山からガーネットが採掘されることはもうありません。
ペルピニャンガーネットは、深いピンクがかった赤ワイン色をしており、ペルピニャンのガーネットは同じサイズのルビー以上の価値があると言われるずば抜けた宝石です。
昔から数は少なく、フランスアンティークジュエリーにしか(しかもそのほんのごく一部)存在しません。
フランス現地でもやはりアンティークでしか手に入らないペルピニャンガーネットは、まさに幻の石です。
まさにフランスのアンティークジュエリーに限定された美しいアンティークガーネットです。
下記は当店で数年前に販売済みのペルピニャンガーネットのピアスですが、いまだに多くお問い合わせを頂きます。

ペルピニャンガーネットのピアス(アンティーク、ベルエポック)ス

ペルピニャンガーネットのセッティングは、この地方独自のもので、「ペルピニャンセッティング」と呼んだりします。
石の下をゴールドで閉じます。

ペルピニャンガーネットアンティークブレスレット(18金ゴールド)

ガーネットそのもののカッティングも独特で、石が閉じられているので見にくいですが下は平らで、上にたくさんのファセットをつけています。
パピヨンと呼ばれるヴェルメイユの破片をガーネットとゴールドの間にいれて、美しい反射を起こすこともあります。

ペルピニャンガーネットは、真っ赤のものから、ピンク帯びた赤、ワイン色がかった赤と複数の色があります。
いずれの色もボヘミアンガーネットよりずっと明るい色調の赤が特徴的です。
下記のリングでは、真っ赤なペルピニャンガーネットとピンクを帯びたガーネットの両方が用いられていますが、どちらもボヘミアンがーネットにはない明るい色調です。

ペルピニャンガーネットアンティーク指輪(ダブルクローバー 三つ葉 )

ペルピニャンガーネットが生まれたペルピニャンという街はフランス南西部の都市です。
ペルピニャンの歴史は極めて古く、ローマ時代から人が定住していたといわれています。
中世になってペルピニャンの街の建設が始まり、1276年から1344年までは、マヨルカ王国の王国の首都として栄えます。
時代の中でマヨルカ王国に組み込まれたりバルセロナ伯領となったり、過酷な歴史を生きつつも、いつの時代もペルピニャンは複数の文化が入り乱れる工芸品の中心地でした。
ジュエリーもパリを中心としたジュエリーとはまた異なる味わいのジュエリーが作られました。

一つにはこの地域は鉱物的に非常に豊かな地域であったからです。
古くは銀、ゴールド(共に閉山しています)、そして宝石ではガーネットが産出され、この地域においてジュエリーは一大産業でした。
そしてその主役がガーネットでした。
ペルピニャンガーネットの一部はスペインに運ばれかの地でジュエリーにされたものもありました。
これはやはりスペイン国境の約20キロに位置する地理的要因も大きかったことでしょう。

「ペルピニャンガーネット」と言う呼称は産地による呼称であり、いわゆる鉱物名ではありません。
産地を取って「カシミールサファイヤ」と呼ぶのと同じロジックです。
鉱物的にはペルピニャンガーネットはガーネットの中の「アルマンディンガーネット」に所属します。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×