アンティーク蝶結びブローチ(ブルーサファイヤ、ダイヤモンド、リボン)

ブルーサファイアとダイヤモンドで結ばれた贅沢なリボン 1890年頃、アールヌーボーが隆盛していた頃のフランス製。
この時代を代表するモチーフの一つがリボン。
ブルーサファイアとダイヤモンドがセットされた、贅沢なリボンです。
ブルーサファイアは合計15石。
現在の典型的なブルーサファイアの色よりやや淡いとても綺麗な色のサファイアです。
15石の中でやや濃い色のサファイアと淡い色のサファイアが混ざっていて、人工的に色を調整することがなかった当時ならではのとても自然な美しさ。
ダイヤモンドはローズカットにされていて合計10石。
リボンの裏側やカーブがかかりちょっと細くなったところなど、「こんなところに宝石が!」と驚くほど難しいところにまで宝石がセットされています。
またこれだけ宝石が密集しているにもかかわらず、台座裏側までとても綺麗な状態です。
台座の裏が四角くなっていて、ここらら光が差し宝石に綺麗に光が差すよう計算されています。
実はとても技術が必要なリボンモチーフのジュエリー フランスではリボン結びのことを「Noeud(ヌー)」と呼ぶのですが、この時代にリボン結びの優れた指輪やペンダントが作られました。
リボン結びは、立体的で、実はジュエリーの中でも難しいモチーフです。
しなやかな曲線やアールヌーボーならではの造形美が、見事に発揮されています。
基本的にブローチですが、リボンの輪の部分にチェーンを通せば、ペンダントとしても使えます。
地金は18金ホワイトゴールド。
注:チェーンは付いていません。

  • 幅:31mm 
    高さ:26mm 
    重量:5.5g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティーク蝶結びブローチ(ブルーサファイヤ、ダイヤモンド、リボン)

  • 3つの輪が交錯したようなとてもエレガントなリボンのシルエットが美しいです
  • リボンの中心の輪にチェーンを通せばあっという間にペンダントになります
  • モチーフの大きさは3.1センチx2.6センチ、もちろんブローチとしても可愛いです
  • 最大のブルーサファイアが直径3ミリ強、何気にたくさんの宝石が使われてます
  • リボンの幅にも強弱があり、ゴールドで出来たと思えないほどしなやかなリボン
  • アンティーク蝶結びブローチ(ブルーサファイヤ、ダイヤモンド、リボン)
  • アンティーク蝶結びブローチ(ブルーサファイヤ、ダイヤモンド、リボン)
  • アンティーク蝶結びブローチ(ブルーサファイヤ、ダイヤモンド、リボン)
  • アンティーク蝶結びブローチ(ブルーサファイヤ、ダイヤモンド、リボン)
  • アンティーク蝶結びブローチ(ブルーサファイヤ、ダイヤモンド、リボン)
  • アンティーク蝶結びブローチ(ブルーサファイヤ、ダイヤモンド、リボン)
  • アンティーク蝶結びブローチ(ブルーサファイヤ、ダイヤモンド、リボン)
  • アンティーク蝶結びブローチ(ブルーサファイヤ、ダイヤモンド、リボン)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

アンティーク蝶結びブローチ(ブルーサファイヤ、ダイヤモンド、リボン)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

リボン(蝶結び)のアンティークジュエリー

リボンの前身である「結び(ボウ)」のモチーフのジュエリーはなんと中世の末にまで遡ることができます。
17世紀頃まで、こうした結び目のジュエリーが、シルクなどの布で作れれていました。
フランス18世紀、リボン(蝶結び)は非常に人気のあるモチーフでした。
その後、特にイギリスで宝石やエナメルで作られたリボンモチーフのジュエリーが作られていきます。

現存する有名なアンティークジュエリーに、下記のフランス皇帝ナポレオン3世の妻、ウージェニー皇后(Empress Eugenie)のために作られた141カラットのダイヤモンドをあしらったボウブローチがあります。
この歴史的なジュエリーは1855年、パリの宝石職人Francois Kramer氏によって製作されました。
当初、ベルト用のバックルとしてデザインされたジュエリーを、ウージェニー皇后が宝石職人に命じてストマッカー(胸当て)に作り直させ、その後、1864年にさらにダイヤモンドで作られた房2本とペンダント5つが追加され、皇后のお気に入りの1品となったと言われています。
アンティークボーブローチ

その後1900年前後のベルエポック時代にエレガントな蝶結びの美しいボウジュエリーが作られましたし、1920年代にはそうした貴族的なベルエポックのリボンジュエリーがより直線的に様式化したアールデコの特徴が出たリボンジュエリーが作られます。

ブルーサファイアアールデコブローチ(ダイヤモンド、カリブレカット)

そして1940年頃のヴィンテージジュエリーには、今度はイエローゴールドでもっとモダンに解釈された少し大柄なリボンジュエリーを見ることができます。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
インスタグラム
新着ジュエリーをいち早く写真でご紹介
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.