アンティークダイヤモンドトレンブランブローチ(18世紀)

ジュエリーカタログから飛び出してきたようなミュージアムピース 18世紀のフランス製。
アンティークジュエリーがお好きな方なら一度はこの「ダイヤモンドのトレンブランブローチ」について見聞きしたことがあるのではないでしょうか?
トレンブランブローチとは本来、裏側にセットされたスプリングで震えるようにエレガントに揺れるブローチです。
このブローチはスプリングではなく、中心のお花を1点固定して、その他の部分が、動かせるようになっている仕組みになっています。
とてもしっかりバネが効いていて、ガチャンと危なっかしい動きにならず、止めたいところで止めることができます。
可動する範囲は1センチ程で、花びらが横や下部のモチーフにあたるところところまでが動くようになっています。
流れるように伸びた茎、立体的な花と葉っぱ 自然に伸びる茎とそこから咲く花や葉が立体的にデザインされています。
花びら一枚一枚にハッキリ見えるようにダイヤモンドがセットされてます。
クローズドセッティングなので下の銀が映り込み完全な無色透明には見えないかもしれませんが、ものすごく美しいダイヤモンドです。
これだけ古い時代のものなのに、ローズカットのカット面もとてもシャープで、内包物もほとんど無い状態です。
何よりダイヤモンドの石の内側から力強い輝きを発して、年月を経てやや渋みを増した銀の台座の上で力強く煌いているのです。
流れるような茎、そして有機的な花と葉っぱ。
自然な曲線が様々な方向に伸びた美しいシルエットはまったく飽きることがなく、それはまさに自然のように自然なラインが再現されているからでしょう。
全体は銀で、裏側はドレスが汚れないように金塗りが施されています(ヴェルメイユ)。
針部分は18Kゴールド。
これだけ美しいトレンブランのダイヤモンドのお花のブローチは、珍しいことは言うまでもありません。
まさに歴史的遺物、ミュージアムピースです。

  • 幅:51mm 
    重量:13.2g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークダイヤモンドトレンブランブローチ(18世紀)

世界にひとつだけの一点もの

  • 葉がしなだれる自然なライン、花びらの重なり合った様子、とても立体的です
  • 横幅5センチ強の大きさで、あまり大きすぎず使いやすいトレンブランです
  • 18世紀ならではのちょっとフラットでファセットがキラリとするローズカット
  • 花や葉の一枚一枚にぴったり形を合わせてセッティングされたダイヤモンド
  • 裏側から見ると厚みがしっかりありとても立体的な作りになっているか分かります
  • アンティークダイヤモンドトレンブランブローチ(18世紀)
  • アンティークダイヤモンドトレンブランブローチ(18世紀)
  • アンティークダイヤモンドトレンブランブローチ(18世紀)
  • アンティークダイヤモンドトレンブランブローチ(18世紀)
  • アンティークダイヤモンドトレンブランブローチ(18世紀)
  • アンティークダイヤモンドトレンブランブローチ(18世紀)

上の写真をクリックするとアンティークダイヤモンドトレンブランブローチ(18世紀)の大きな写真が切り替わります。

アンティークダイヤモンドトレンブランブローチ(18世紀)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

トレンブランのアンティークジュエリー

トレンブランとはフランス語で「揺れる(tremblant)」と言う意味です。
元々はダイヤモンドの花びらの後ろに付いているスプリングで、エレガントに揺れるジュエリーのことを指します。
スプリングで動くものだけでなく、花の部分の留め金をバネでつくることによって動く仕組みのものもあります。
一般的には19世紀のフランスで作られた「ダイヤモンドx銀」のジュエリーを指しますが、その他の宝石で作られたものやエナメルなどが用いられたものもあります。
また一般的には花の部分が動くものが多いですが、葉っぱの部分が動くものなどバリエーションがあります。
いずれにしてもトレンブランのアンティークジュエリーは極めて数が少ないです。
最初に流行したのは19世紀初頭(1800年頃)、そして新大陸でダイヤモンドが発見された1880年頃に再びリバイバルします。
特に19世紀初頭のトレンブランのジュエリーは、もはやカタログなどでしか見かけなくなったと思うほど出てきません。
下記は当店扱いではありませんが1880年頃のリバイバルとして作られたダイヤモンドトレンブランの典型的な例です。
トレンブラン

アンティークジュエリーの中でも非常に希少なジュエリーですので、トレンブランのジュエリーを手にされたいと思ってらっしゃる方は、出てきた時に必ずご入手されることをお薦めいたします!

トレンブランは大抵の場合は横長のブローチにされていますが、下記にこの胸飾りとよく似た作品を見つけました。
トレンブラン
こちらは同時代のロシアの作品(1780-1820年)で、元々はロシアの皇族の家族の持ち物であった作品とのこと。
こちらによく似たやはりサンクトペテルブルクで作られた作品は現在、エルミタージュ美術館に所蔵されています。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×