百合のアールヌーヴォーブローチ(ブローチ兼ペンダントトップ、ダイヤモンド)

フランスの国花、百合がモチーフのブローチ 1890年頃のフランス製。
当時席捲していたアールヌーボーに貫かれたジュエリーです。
太さを自由自在に変えながら、有機的な百合を花から蕾、葉っぱまでダイナミックに描いています。
まるで画家が筆で描いたような美しい曲線ですが、忘れてならないのはこれは筆で描かれたのではなく、硬質なゴールド(18K)を削って作っられたという点です。
絶妙な太さと細さの強弱、ゴールドの程よい艶消し、花弁の丸み、花びらに彫られたゴールドの彫り。
これほど作家性&技術に群をぬいたジュエリーは、アンティークジュエリーにおいても滅多にないものです。
ヌーボーだからできたダイナミックで洗練されたライン 一瞬「百合の紋章」のように見えますが、従来のよくある百合の紋章ではなく、百合をもっと斬新に捉えています、
外周のホワイゴールドは、百合の葉脈を巧みに捉えながら、額縁のようなシルエットをブローチに与えています。
現在見ても新鮮に映るこのブローチの瑞々しさ、ダイナミックな構図は、まさに反骨の芸術運動アールヌーボーならでは。
ホワイゴールドのライン上に合計17個のローズカットダイヤモンドを、その先端には燐とした強い輝きのオールドヨーロピアンカットのダイヤモンドをセット。
ブローチ下部の1石のダイヤモンド(3ミリx4ミリ)も揺れて、とても良い流れを作っています。
ブローチですが、上部の左右にチェーンを通して簡単にペンダントヘッドとして利用することもできます。

  • 幅:30mm 
    高さ:33mm 
    重量:7.1g
  • 販売価格:売り切れました。

百合のアールヌーヴォーブローチ(ブローチ兼ペンダントトップ、ダイヤモンド)

世界にひとつだけの一点もの

  • 程よく艶消しされたマットなフランスのアンティークゴールドの魅力が出た作品
  • 下に向かって細くなっており、ブローチとしてもペンダントとしても着けやすいです
  • 両脇のホワイとゴールドとその上にセットされたダイヤモンドが良いアクセントに
  • ゴールドだけで表現された百合。艶消し、金彫り。生命感に溢れています
  • 何と誰にも見えない、裏までゴールドに彫りを入れています!
  • 百合のアールヌーヴォーブローチ(ブローチ兼ペンダントトップ、ダイヤモンド)
  • 百合のアールヌーヴォーブローチ(ブローチ兼ペンダントトップ、ダイヤモンド)
  • 百合のアールヌーヴォーブローチ(ブローチ兼ペンダントトップ、ダイヤモンド)
  • 百合のアールヌーヴォーブローチ(ブローチ兼ペンダントトップ、ダイヤモンド)
  • 百合のアールヌーヴォーブローチ(ブローチ兼ペンダントトップ、ダイヤモンド)
  • 百合のアールヌーヴォーブローチ(ブローチ兼ペンダントトップ、ダイヤモンド)
  • 百合のアールヌーヴォーブローチ(ブローチ兼ペンダントトップ、ダイヤモンド)

上の写真をクリックすると百合のアールヌーヴォーブローチ(ブローチ兼ペンダントトップ、ダイヤモンド)の大きな写真が切り替わります。

百合のアールヌーヴォーブローチ(ブローチ兼ペンダントトップ、ダイヤモンド)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

「百合(ユリ)」と「フルールドリス」のアンティークジュエリー

百合は度々、アンティークジュエリーのモチーフにされてきた花です。
フランスでの百合の歴史は、フランク一族の王が天使からユリを授けられたという5世紀の伝説にまで遡ります。
「クローヴィスがアラマン族との戦いに苦戦していた時、天使が現れて百合を渡すると軍の士気が上がりアラマン族を撤退させることができた」と言われています。
ブルボン家が、白ゆりを尊び王家の権力の印がユリで飾ったのは、この伝説に由来すると言われています。
他にも百合の花は、ルイ9世は十字軍遠征の際に用いられたり、ジャンヌ・ダルクが持っていた旗に刻まれたりと、フランスの重要な歴史の局面に頻繁に登場してきます。
百合はまた聖母マリアを表し、中世以降の芸術には、マリア像の周囲にはユリの花がよく見られます。

フランス国王の紋章は白百合「フルール・ド・リス(fleur de lys)であるということをご存知の方も多いでしょう。
フルール・ド・リス(fleur-de-lys/fleur-de-lis )はフランス語で「ユリの花」を意味し、アイリスの一種を様式化したものです。

フルールドリス

フルール・ド・リスはフランスの王家の紋章でした。
王政から共和制に移ったとき、共和制はフランス王家の象徴であったフルール・ド・リスを公式には使用しませんでした。
しかしながら現在でも、フルールドリスはフランスの永遠のシンボルで、Lys(百合)はフランスの国花です。
宗教的にも、フルール・ド・リスは聖三位一体の象徴であるとされています。
ところでフルールドリスというとフランスのイメージが強いと思いますが、それ以外のヨーロッパの国でも愛されてきたモチーフです。
例えば、フィレンツェの紋章にも使われています。
フルール・ド・リスのアンティークジュエリーは、純粋にジュエリーのモチーフとしても非常に美しい様式です。
左右対称のシンメトリーなシルエットは身に着けたときにしっくりと落ち着き、正統で品の良い趣を与えてくれます。

フランス王家のシンボルと言うことで、「フルールドリスのアンティークジュエリーの持ち主は王族などの特別な人のものだったのではないか?」といったご質問も時々頂きます。
実際、フルールドリスをモチーフにしたジュエリーは非常に少ないです。
古い時代になればなるほど、18世紀には王家とゆかりのある人しかフルールドリスのジュエリーを身に着けることは許されなかったでしょう。
しかしフルールドリスのモチーフ自体は、王政が消滅した後も作られつづけます。
例えば最後の貴族文化を誇ったベルエポックの時代には、古典的なモチーフが好まれたということもあり、美しいフルールドリスのアンティークジュエリーが生み出されています。
先に書いたとおり、王政から共和制に移ったとき、共和制はフランス王家の象徴であったフルール・ド・リスを公式には使用しませんでしたから、共和制に入ってからはフルールドリスは「公的には」革命前のように「フランス王家の存在」を表すことはありませんでした。
しかしではボウノット(蝶結び)や他のお花のような他のジュエリーモチーフと同じであったかと言うとやはり異なります。
王政が終わりフルールドリスがかつてのように公にはフランス王家を称するものではなくなっても、フルールドリスを表したジュエリーを身に着けることにより、王党派であることを「密やか」に現した面があるようです。

フルールドリスは指輪のショルダー部分など、一見あまり分からないところに描かれていることもあるのですが、それはやはり密やかな主張のためだったのかもしれません。

フルールドリス
フルールドリス


そうした意味では、後年になって作られたフルールドリスもやはり、フルールドリスのジュエリーを所有する人は限られていたと考えられます。
フランスの歴史の中では、こうした「モチーフ」が秘められた言葉になり、その人の信条や出自を示すことがあります。
フルールドリスのアンティークジュエリーは、フランスの歴史の中で他のモチーフにはない背景を持ったジュエリーであるといえます。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×