子供用アンティークゴールドブレスレット(1932年)

小ささが愛らしい子供用のアンティークジュエリー アンティークジュエリーで時々見かけるのが、大人用のアンティークジュエリーより一回り小さい子供用のジュエリー。
エピソードに記載しましたように「初聖体拝領」に作られたジュエリーで、年齢的には7-8歳にあたる少女のために作られたジュエリーとあって、小ささが可愛いです。
ヨーロッパの子供用のジュエリーは、デザイン的にも大人顔負けです。
ヨーロッパでは早くから貴金属のチェーンなどを子供にプレゼントすることが今でも多く、派手ではないですが小さい頃から本物のジュエリーを身に着ける習慣が根付いています。
こちらのブレスレットも長さが14.5センチ。
平均的なサイズの女性ですと短いと思いますが、1-2センチ程チェーンを足すと着けていただける方が多いのではないでしょうか。
実費は必要になりますが18カラットゴールドのチェーンを足すことは可能ですので(それほど長くなければ素材費込みで1万円ほど)ご相談ください。  1932年と言う年号が刻まれています そしてこのブレスレットの素敵な点は、1932年という年号が入っているところです。
1932年にその女の子が生まれたのかとも思いましたが、おそらく1932年に記念すべき「初聖体拝領」を迎えてその記念に作られたジュエリーだと思います。
4つのゴールドの楕円形のモチーフにホワイトエナメルで、数字が一つずつ入っています。
この数字も旧式の書き方で、味わいがあります。
短いブレスレットですが重みはしっかりあり、モチーフのゴールドプレートもチェーン部分も堅牢な作りです。
チェーンを足して大人用として使ったときも、十分な強さがあります。
18カラットゴールド。

  • 幅:145mm 
    重量:4.3g
  • 販売価格:97,200円(税込み)

子供用アンティークゴールドブレスレット(1932年)

  • 年号の入ったプレート部分のサイズが5.5ミリx1センチ程です
  • エナメルも剥げなどがなくきれいで、字体も旧式で味わいあります
  • モチーフのプレ-ト同士がゴールドチェーンでつながっています
  • プレートもチェーン部分もしっかりとした厚みがありますが良いです
  • こんな細かいところにフランスの18金の刻印を巧みに打っています
  • 子供用アンティークゴールドブレスレット(1932年)
  • 子供用アンティークゴールドブレスレット(1932年)
  • 子供用アンティークゴールドブレスレット(1932年)
  • 子供用アンティークゴールドブレスレット(1932年)
  • 子供用アンティークゴールドブレスレット(1932年)
  • 子供用アンティークゴールドブレスレット(1932年)
  • 子供用アンティークゴールドブレスレット(1932年)
  • 子供用アンティークゴールドブレスレット(1932年)
  • 子供用アンティークゴールドブレスレット(1932年)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

子供用アンティークゴールドブレスレット(1932年)

97,200円  [通販価格:税込]
送料無料!

アンティークエピソード

子供用のアンティークジュエリー

フランスアンティークでは、こうした子供用のアンティークジュエリーも時々見つけることがあります。
もちろん当時の王侯貴族(ベルエポック時代以降はブルジョワ階級を含む)の良家の子女のために作られたジュエリーです。

こうした少女のために作られたアンティークジュエリーに、金細工や小さめの本物の宝石がセットされた小ぶりのピアス、尺の短めな金細工のネックレス、小さなバングルやブレスレットなどを見つけることができます。

下記は当店で販売済みの子供用のアンティークピアス。

アンティーク珊瑚ピアス(地中海サンゴ、子供用)

これらはプルミエール・コミュニオン(初めて聖体拝領をうけること)の時に身に着けるために作られたと思われます。
他のものより明らかに小さい子供サイズの何かを見つけたときは、聖体拝領関連のものであることが多いです。
初聖体拝領(La premiere communion)は だいたい7〜8歳の頃に行われることが多いです。
下記はやはり「初聖体拝領」に作られたと思われる、子供用のアンティークバングル。

子供用アンティークバングル(銀細工、19世紀フランス)

当然いずれもサイズが小さいですから、現代の日本女性が着けられる際は何かしら工夫の必要なものが多いです。
例えば短めのネックレスを2重にしてブレスレットとして使うと言ったことが考えら得ます。
小ぶりで非常に細工が細やかなこうした子供用のアンティークジュエリーは小さいからこそなお更可愛さが増し、愛しくなるジュエリーです。
現代の日本ではいくら裕福でも子供に本物のジュエリーを持たせる習慣はないですね。 しかしフランスでは現代でも案外、子供に本物を持たせます。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
インスタグラム
新着ジュエリーをいち早く写真でご紹介
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.