アールデコ、クリソプレーズブレスレット(1920-30年頃/オーストリア)

珍しいオーストリアのアールデコジュエリーです アールデコのジュエリーの中でもひときわ端正なブレスレット。
クリソプレーズは円形、クリソプレーズの周りにはゴールドのひし形の枠、ブレスレットの銀のパーツはスクエア。
幾何学模様のハンサムルックなこのブレスレットは、フランスを中心にした優美さを残したアールデコとはまた一線を画す、ダダイズムにつながる動きが見られる作品です。
刻印が分かりずらく最初どこの国のものかはっきりしなかったのですが、オーストリアの刻印であることが分かりました。
年代的に、オーストリアハンガリー帝国崩壊後のオーストリアです。 神秘的なエメラルドグリーンのクリソプレーズ 一瞬エメラルドかと思わせる透明感ある緑石は当時の良質なクリソプレーズ(緑瑪瑙)です。
アップルグリーンのクリソプレーズは、カルセドニーの中で一番価値の高い宝石です。
艶のある濃い緑色の中にも、僅かに半透明のまろみがあり、石のそこから僅かにイエローの光が挿します。
クリソプレーズの緑は「イエローをイメージさせる緑色」と言われれそれが宝石名の語源になっています、まさにそれを示す非常に良質なクリソプレーズです。
カボションカットされて、円形の銀の筒でコレットセットされていますが、石がきゅっと突き出たようなセッティングも前衛的です。
全体は銀でできていますが部分的にゴールドが取り入れられたりすることからも分るように、大衆的な作品ではなく、作家性を感じさせるハイクラスの作品です。
また銀のパーツはそれぞれ丁寧に艶消しがなされており、独特のマットな質感がスリリングな味わいです。
しかもこのつや消しは銀のパーツの裏面にも施されているのです。
高い芸術性を持つ作品です。
ブレスレットの長さは約19センチ。

  • 高さ:15mm 
    重量:20g
  • 販売価格:140,400円(税込み)

アールデコ、クリソプレーズブレスレット(1920-30年頃/オーストリア)

世界にひとつだけの一点もの

  • 銀のつや消しまで直線的
  • パーツ同士はチェーンでつながれ、手首の動きにあわせてうまくしなります
  • 落ち着いた銀色と、抑えた発色のYG、そして緑の色の組み合わせも斬新
  • 透明感がありながらも円やかなクリソプレーズ、直径5ミリ弱
  • 留め具部分の裏側に特徴的な刻印あり
  • アールデコ、クリソプレーズブレスレット(1920-30年頃/オーストリア)
  • アールデコ、クリソプレーズブレスレット(1920-30年頃/オーストリア)
  • アールデコ、クリソプレーズブレスレット(1920-30年頃/オーストリア)
  • アールデコ、クリソプレーズブレスレット(1920-30年頃/オーストリア)
  • アールデコ、クリソプレーズブレスレット(1920-30年頃/オーストリア)
  • アールデコ、クリソプレーズブレスレット(1920-30年頃/オーストリア)
  • アールデコ、クリソプレーズブレスレット(1920-30年頃/オーストリア)
  • アールデコ、クリソプレーズブレスレット(1920-30年頃/オーストリア)

上の写真をクリックするとアールデコ、クリソプレーズブレスレット(1920-30年頃/オーストリア)の大きな写真が切り替わります。

アールデコ、クリソプレーズブレスレット(1920-30年頃/オーストリア)

[通販価格:税込] 140,400円 (送料について)

アンティークエピソード[Antique episode]

クリソプレーズ(chrysophrase)を用いたアンティークジュエリー

アンティークジュエリーで時々目にする緑色の石、クリソプレーズ。
古くはローマ時代からカメオなどの装飾品に用いられてきました。
かのアレキサンダー大王もクリソプレーズを胸飾りにしていました。
アンティークジュエリーでは特に、19世紀半ばからアールデコ期にかけてのジュエリーに時々見ることができます。
クリソプレーズとは、黄緑色や薄緑色のカルセドニー、つまり瑪瑙(めのう)の一種であることから「緑玉髄(りょくぎょくずい)」とも呼ばれます。
「カルセドニー」と言いますとあまり高価な印象がないかもしれませんが、クリソプレーズはカルセドニーの中でもっとも産出量が少なく、高価に取引されます。
クリソプレーズのグリーンはその明るさから強くイエローをイメージさせます。
その色合いから「金」の中から生まれた宝石と考えられました。
ギリシャ語の「chryso(金)」と緑色の植物「prason(韮)」が語源です。

クリソプレーズと一言で言いましても色の幅はかなり広いです。
エメラルドグリーンの透明感あるクリソプレーズは、特にアールデコ期のハイクラスなジュエリーで見ることが多いです。

下記は当店で販売済みの大粒のクリソプレーズを大胆に用いたアールデコ期のロングピアスです。

クリソプレーズとダイヤモンドの超ロングピアス(1920年頃フランス、クリソプレーズ、18金ゴールド)

このクリソプレーズはまさにお見本のようなクリソプレーズの色で、いつも鑑別をお願いしている鑑別士さんも絶賛でした。
エメラルドより明るく翡翠より深みのあるエメラルドグリーンのクリソプレーズは見ているだけで心が洗われていくようです。

アールデコ期以降はヴァンクリーフアーペルなどの名だたるメゾンがやはりクリソプレーズを用いたジュエリーを生み出しています。
下記は1970年代、ヴァンクリーフアーペルのクリソプレーズとダイヤモンドのブローチです。

クリソプレーズヴァンクリーフ

同じく下記はやはりヴァンクリーフ・アーペルが同時代に発表した珊瑚とクリソプレーズのゴールドペンダントネックレスです。
クリソプレーズ2

こちらの2つのヴァンクリーフアーペルの作品では少し濃い緑色のクリソプレーズが使われています。
他の宝石にはない豊かな緑色の幅もこうしたグランメゾンのクリエイションを掻き立てた理由でしょう。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×