アンティークトルコ石ブレスレット(エトルリア様式、カンティーユ金細工)

数少ないアンティークトルコ石のブレスレット 19世紀後期のフランス製。
爽快な空色の美しいトルコ石を贅沢に使用したブレスレット。
アンティークジュエリーの中でトルコ石は不動の人気を持つ宝石ですが(アンティークのトルコ石が現在の練り物のトルコ石とまったく異なる価値を持つことを知ってらっしゃる方は多いのです)。
そのほとんどが指輪、あってもペンダントかブローチで、ブレスレットは当店でも仕入れるのは初めてというぐらいなかなか見かけないです。
合計18個の鮮やかな良質なトルコ石が使われています。
古代エトルリアの金細工を想わせる凝った細工 ものすごく細工は、古代エトルリアの影響を受けています。
19世紀後期のヨーロッパでは一時期、古代文化への憧れからエトルリアの金細工を模した金細工が流行するのですが、このブレスにもその潮流の中で作られています。
各トルコ石はちょっと高さをつけた台座に入れ込み、それぞれの台座の外縁はグラニュレーションが施されています。
そして地金がヴェルメイユでありながらアンティークジュエリーがお好きな方なら誰もが憧れるカンティーユ細工も見られます。
トルコ石と石の間に作り込まれた小さな花も、どことなく古代好み。
横から見ると分かりやすいですが、側面の透かしも気が遠くなるほど細かく凝ったものです。
トルコ石自体はオープンセッティング。
裏から見ると、この見えない裏部分にも装飾が施されているのですが、これも古代の模様に似ています。
地金はヴェルメイユといって、銀の上に金を上塗りしています。
とても状態がよく、パッと見たところちょっと落ち着いたゴールドの色に見えます。
大きく6つのパーツに分かれていて、パーツの間と間でしなるため、腕につけたときに美しくフィットして着け易いです。
ブレスの長さは17.5センチ程(サイズ直しは不可)。

  • 幅:175mm 
    高さ:8mm 
    重量:19.1g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークトルコ石ブレスレット(エトルリア様式、カンティーユ金細工)

世界にひとつだけの一点もの

  • 鮮やかなトルコ石のブルーと、落ち着いたヴェルメイユのゴールド色が鮮やか
  • 6つのパーツが自然とたわみ、装着しやすいブレス。幅も8ミリと太すぎないです
  • 凝った細工がエトルリア流。現代では再現不可、天文学的な製作費になります
  • ボタンを押すことでスムーズに開閉可能。セキュリティーチェーンもついてます
  • この側面の透かしの細かさ。パーツ間の留め具もとても凝っていて面白いです
  • アンティークトルコ石ブレスレット(エトルリア様式、カンティーユ金細工)
  • アンティークトルコ石ブレスレット(エトルリア様式、カンティーユ金細工)
  • アンティークトルコ石ブレスレット(エトルリア様式、カンティーユ金細工)
  • アンティークトルコ石ブレスレット(エトルリア様式、カンティーユ金細工)
  • アンティークトルコ石ブレスレット(エトルリア様式、カンティーユ金細工)
  • アンティークトルコ石ブレスレット(エトルリア様式、カンティーユ金細工)
  • アンティークトルコ石ブレスレット(エトルリア様式、カンティーユ金細工)
  • アンティークトルコ石ブレスレット(エトルリア様式、カンティーユ金細工)

上の写真をクリックするとアンティークトルコ石ブレスレット(エトルリア様式、カンティーユ金細工)の大きな写真が切り替わります。

アンティークトルコ石ブレスレット(エトルリア様式、カンティーユ金細工)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

エトルリア(エトルスカン)様式、ギリシャ様式のアンティークジュエリー

エトルリア人は北イタリアを中心に繁栄した民族です。
エトルリア文明は中央イタリアで紀元前750年ごろから発展し始めました。
言語や社会はいまだに多くが謎に包まれたままですが、その最盛期であった紀元前600年-350年の間には既に高度な金細工が発達しています。
その高度な技術と斬新なデザインは現在の装身具にすら影響を与えています。
ローマ人はエトルリアの征服を紀元前311年に始まった戦争の間に開始し、エトルリア人最後の都市はローマにより紀元前265年に征服されたました。
この年こそエトルリア文明の最後の年です。 エトルリア人は、ギリシャとフェニキア文明の影響を受けています。
エトルリア人はギリシャから影響を受けて、スカラベ付きスイベルリングを使い始めます。
特に有名なのが微細な粒金細工と撚り線細工で、指輪を飾るのにグラニュレーションを用いました。

ヨーロッパの宝飾界では、1850年以降から「エトルリア様式」が流行しはじめます。
イタリア各地で発掘された古代の遺品から当時を模したジュエリーが生みだされました。
特に有名なのがカステラーニ一族、ジュリアーノ一族です。

フォルトゥナート ・ピオ・カステラーニ(1794-1865)(1793ー1865年)はローマのゴールドスミス、19世紀イタリアの著名な宝飾家です。
ミケランジェロやカエターニと協力して、エトルリアと古代ギリシャのジュエリーの研究と再現に専念し様々な技法を駆使したゴールド・ジュエリーで有名となり、大成功を収めます。 カステラーニが、古代エトルリアのジュエリーに関心を深めたのは1820年代の後期といわれています。 ゴールドのグラニュレーションの復活に専念して、息子のアレッサンドロ(1822-83)およびアウグスト(1829-1914)とともに模造の製作に成功、世界的に有名になります。 カステラーニは1851年に引退。 2人の息子たちが考古学ジュエリーにまでその活動を広げ、ビザンチンおよびカロリング朝スタイルもそのカステラーニ家のジュエリーに取り込んでいきます。
彼らの細工品はイギリスで非常に人気を博すとともに、当時のイタリアやフランスで広範に模倣され、エトルリアブームが起こるのです。

またフランスのアンティークジュエリーには、ギリシャの影響が見られるジュエリーもあります。
1850-70年頃は、フランス文化は、ナポレオンのエジプト遠征時代によって、古代ギリシャやローマから多大な影響を受けます。
当時エギゾティックなアーカンサスの葉やパルメット模様、ギリシャの壺、凱旋門や鷲、月桂樹、ローマの文様などが好んでフランスのジュエリーに取り入れられました。

ところで19世紀に古代を模倣して作られたアンティークジュエリーではなく、オリジナルの古代ジュエリーは市場にはほとんどでてこないものですが、どこへ行ったら見ることができるのでしょうか?
お薦めなのが、国立考古学博物館です。
ギリシャのアテネにある世界屈指の美術館です。
保有しているジュエリーは古代のものなので、石のついたジュエリーではなく、ほとんどが金の細工品です。
古代ギリシャ文明に作られた金細工が特に充実しているそうです。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×