アールデコのブレスレット(ヴェルメイユ製、シルバーギルド、1920s)

アールデコ期のヴェルメイユブレスレット。

1920年代、アールデコの最中に作られた贅沢なヴェルメイユアンティークジュエリーです。
ヴェルメイユとは純度925または800のシルバーをゴールドの層で覆った金属を指します。
シルバーとゴールドがたっぷり使われていますので、シルバーのずっしりとしたボリューム感と、ゴールド独特の華やかさがあり、どんなシーンでも華やかに映えます。
カルティエをはじめとするパリのジュエラーが、1900-1920年代に愛用した宝飾技術です。
もうひとつの見所は留め具部分。
規則的に施された鮮やかな彫金と、留めネジを内に外にスライドさせることで開閉する留め具装置は、艶やかなアールデコジュエリーの極み。
1920年代らしい、モダンなパリスタイルです。

  • 幅:170mm 
    高さ:45mm 
    重量:58g
  • 販売価格:売り切れました。

アールデコのブレスレット(ヴェルメイユ製、シルバーギルド、1920s)

世界にひとつだけの一点もの

  • アールデコのブレスレット(ヴェルメイユ製、シルバーギルド、1920s)
  • アールデコのブレスレット(ヴェルメイユ製、シルバーギルド、1920s)
  • アールデコのブレスレット(ヴェルメイユ製、シルバーギルド、1920s)
  • アールデコのブレスレット(ヴェルメイユ製、シルバーギルド、1920s)
  • アールデコのブレスレット(ヴェルメイユ製、シルバーギルド、1920s)
  • アールデコのブレスレット(ヴェルメイユ製、シルバーギルド、1920s)
  • アールデコのブレスレット(ヴェルメイユ製、シルバーギルド、1920s)
  • アールデコのブレスレット(ヴェルメイユ製、シルバーギルド、1920s)

上の写真をクリックするとアールデコのブレスレット(ヴェルメイユ製、シルバーギルド、1920s)の大きな写真が切り替わります。

アールデコのブレスレット(ヴェルメイユ製、シルバーギルド、1920s)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークジュエリーのゴールドについて「ポンポン、ピンチベック、シルバーギルド(ヴェルメイユ)」

今さら・・・と思われる方もいるとかもしれませんが、意外によく聞かれる質問なので改めてご紹介させていただきます。
ゴールドの14ct(kt)、18ct(Kt)、24ct(kt)という表示の意味ですが、純金(100%が金でできていて不純物をまったく含まないもの)が24金です。
24/24が100%ですので、18Kは24分の18つまり75%が金でそのほかの25%が他の金属を使用しているという意味になります。
14Kゴールドは、14/24がゴールドで、残りの10/24に銀や銅、パラジウムを使用しています。

アンティークジュエリーに限らず、ジュエリーに使われるゴールドは18カラットゴールドまでのこと、マックスでも22カラットゴールドのことが多いです。
なぜ純金(24金)はジュエリーにされないのでしょう?
理由は純金は軟らかく、傷がつきやすいためです。
一見ゴールドの純度が高いほど丈夫と思われる方も多いかも知れませんが、違います。
銀、銅、パラジューム、ニッケルなど他の金属と「割る」ことで(ゴールドを割る金属のことを「割金」と呼びます)、硬さを得ることができます。
なぜ別も金属で割ることで硬さが得られるかというと、分子構造のためです。
同じ素材だけだと当然分子構造が均一的、ある方向からの力に弱くなります。
別の素材で割ることで、その分子構造が複雑になり、硬くなります。
例えば金と銀であれば、銀のほうが柔らかい金属です。
しかし純金より、銀を多少加えたほうが、その合金は純金より硬くなります。

アンティークジュエリーでは18金以外に、15金(イギリスのみ)、14金(58%ほどがゴールド)、9金(37.5%がゴールド)が多く見られますが、刻印が打たれているのはイギリスでもフランスでも9金ゴールド以上のものになります。
9金以下の金の含有量で作られた合金にもクオリティーのよいアンティークジュエリーは存在します。
フランスアンティークジュエリーでは8/24(つまり3分の1)が金であるポンポン、高度な金メッキであるヴェルメイユ(イギリスで言うところのシルバーギルド)があります。

「ポンポン」そして「ヴェルメイユ(シルバーギルド)」、色合い的には似ている二つですが、組成はまったく違います。
「ポンポン」は、ゴールドをベースにした合金になります。
19世紀中にしかみられない独特の技法です。
金を3分の1、銀をもう3分の1、残りを他の金属を混ぜ合わせて作られています。
(完全なレシピは現代では解明されていません、配合分量は工房によってまちまちだったようです)。
金の分量的には8金とも言えるでしょう。
9金にも満たないゴールドの量ですが、見た目はゴールドに近いです。
純金や18Kより落ち着いた風合いがあって品がよいアンティークらしい色です。
限られた時代でしか用いられなかった技術ということで、そうした観点からも貴重です。
ポンポンいわゆる合金なので、変色がないと言うのが一番のメリットになります。
どういうことかと言いますと、金(ゴールド)が金属の内側も外側も均等にはいっています(成分が変わりません)。
年月を経て表面が磨耗して内部の色がでてきても、同じ成分の地金が出ているだけなので変色がしないのです。
下記はポンポンの金細工のネックレスです、ヴェルメイユに対して色に安定感があります。

アンティークゴールドネックレス(フィリグリー)

一方のヴェルメイユ(vermeil)は、ヴェルメイユとは銀無垢に金をはったもののことを指します。
年月によって塗られた金が薄くなってきていることもあり、そのアンティークジュエリーによってより金の色が強く出ていたり、ほとんど銀のような色だったりと様々です。

下記は比較的ゴールドの色が強く残っているヴェルメイユのブレスレットです。
アールデコのブレスレット(ヴェルメイユ製、シルバーギルド、1920s)

下記はほとんど銀のようにも見えるヴェルメイユのペンダントです。
エメラルドペンダントネックレス(真珠、19世紀フランス、ヴェルメイユ)

ヴェルメイユ(シルバーギルド)はアンティークでよく使われてきた技法です。
銀のずっしりとしたボリューム感と、ゴールド独特の華やかさの両方を生かすため高価な装飾品に用いられました。
また銀の酸化して黒ずむ性質を避けるという、実質的な意味合いもありました。
つまりポンポンとヴェルメイユの決定的な違いは年月と共にゴールドの色が変化するか否かです。

またイギリスで特定の時代にのみ作られたのがピンチヘック(Pinchibeck)。
ピンチベックは、ロンドンの時計職人ピンチベックが、当時とても高価だった金に代わる金属を発明した合金ですが、詳しい製法は未だに解っていません。
その謎ゆえに、なおさらファンの多い素材です。
フランスアンティークジュエリーで言うところの「ポンポン」とほぼ同じ組成ですが、厳密には「ピンチヘック」はピンチヘック氏が生み出した技法そのもので作られた合金のみを指します。
金とはまた異なる温かみのある独特な輝きと、ゴールドの他に銅と亜鉛を含みながらも錆び付かず着用感に優れているのも魅力で、ピンチベックもコレクターの方がとても多い素材です。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×