アンティーク カルティエ ギロッシェエナメルボタン(Cartier サイン入り 1920年代)

奇跡的に入手できた1920年代のアンティークカルティエ サイン入り 前回のロンドンの仕入れの最後に奇跡的に入手することが出来た作品です。
何とアールデコ期のカルティエのジュエリー。
エナメルのボタン3点セットです。
カフスボタンではなく、スタッドボタン(胸ボタン)のようです。
スタッドボタンは19世紀から20世紀初頭まで2つであったのが、アールデコのこの時代に3つになったとのことで、時代としても合致します。
ボタン裏の軸足の環に専用の金具を通してシャツの裏で固定するそうです。
もっとも現代でそのような本来の使い方をされる方は少ないと思いますので、軸足の環にチェーンなどを通してペンダントのようにして使うなどと言ったアレンジも考えられるでしょう。
かつてのカルティエのジュエリーは、この数十年世界中のオークションで高値を更新し続け、価格の高騰がすさまじいです。
価格が高騰しているのは主に1960年代までのカルティエのジュエリーですが、仮に高いお金を出しても手に入れることが出来るカルティエのジュエリーのほとんど全てが、戦後のものです。
このように「アンティーク」と呼べるほど20世紀初頭まで遡るアンティークカルティエは、まともな価格では入手不可能です。
あまりに珍しい作品でしたので、当店にてしばらく保管をしておこうかと思っていたのですが、珍しい逸品なだけに思い切って販売することにしました。
これからアンティーク・カルティエはますます世界中で探され、その価値は上がり続けるのは間違いありません。
Cartier parisの刻印(サイン) シリアルナンバーがボタン一つずつに入り  オリジナルボックスも残ってます アンティークカルティエの作品は、仮に刻印が入っていない場合にも「確かにカルティエの作品だと確認することが可能であれば」それなりに高い価値を持ちます。
しかし仮に確認が可能な場合でも、サインが入っているかいないかで価格には大きな違いがでます。
このスタッドボタンセットにはまず、ボタン一つずつにCartier Parisとシリアル番号が彫られています。
加えて3つのボタンがピッタリ収まるオリジナルボックスまで残った、カルティエファン垂涎の逸品です。
可憐な花模様がゴールドで型押しされた箱だけで芸術品のような美しさのボックスにも、サインが入っています。
ボタンはそれぞれ直径が1.2センチほどで、カルティエが得意としたギロッシェエナメルが美しい作品です。
描かれた花は青系色ですが、おそらくダーリアだと思います。
ブルーグレイのギロッシェエナメルに浮かび上がり、どこか日本の美につながる幻想的な美しさです。
外縁に向かって白エナメルをドットで入れている、その色彩も実に20世紀初頭らしい洗練された色彩センスです。
エナメルもどこも剥げがなくパーフェクトコンディションなのも素晴らしい。
地金は18ctゴールド。

  • 幅:12mm 
  • 販売価格:356,400円(税込み)

アンティーク カルティエ ギロッシェエナメルボタン(Cartier サイン入り 1920年代)

世界にひとつだけの一点もの

  • オリジナルのボックスにピッタリ収まったスタッドボタン3点
  • Cartier Parisとすべてのボタンにサインが入っています
  • ボックスのサイン Cartier London Paris NYのすべての住所が書かれています
  • オリジナルボックスの大きさは3.6センチx7.7センチ程
  • Cartierの刻印の反対側に刻まれているのはシリアルナンバー、これも重要です
  • アンティーク カルティエ ギロッシェエナメルボタン(Cartier サイン入り 1920年代)
  • アンティーク カルティエ ギロッシェエナメルボタン(Cartier サイン入り 1920年代)
  • アンティーク カルティエ ギロッシェエナメルボタン(Cartier サイン入り 1920年代)
  • アンティーク カルティエ ギロッシェエナメルボタン(Cartier サイン入り 1920年代)
  • アンティーク カルティエ ギロッシェエナメルボタン(Cartier サイン入り 1920年代)
  • アンティーク カルティエ ギロッシェエナメルボタン(Cartier サイン入り 1920年代)
  • アンティーク カルティエ ギロッシェエナメルボタン(Cartier サイン入り 1920年代)
  • アンティーク カルティエ ギロッシェエナメルボタン(Cartier サイン入り 1920年代)
  • アンティーク カルティエ ギロッシェエナメルボタン(Cartier サイン入り 1920年代)
  • アンティーク カルティエ ギロッシェエナメルボタン(Cartier サイン入り 1920年代)

上の写真をクリックするとアンティーク カルティエ ギロッシェエナメルボタン(Cartier サイン入り 1920年代)の大きな写真が切り替わります。

アンティーク カルティエ ギロッシェエナメルボタン(Cartier サイン入り 1920年代)

[通販価格:税込] 356,400円 (送料について)

アンティークエピソード[Antique episode]

カルティエとアンティークジュエリー

カルチェ(Cartier)は、1847年にフランソオワ・カルティエによってオープンした老舗のフレンチジュエラーです。
カルティエの最秀作はベルエポック期のプラチナジュエリーと、アールデコ期の時計とハイジュエリーだと言われています。

カルティエのすごさ、それは常に時代の一歩先を読んでいたところです。
例えば1900年頃、フランスでアールヌーボーが一世を風靡していた頃、カルティエはガーランドスタイルを先取りします。
そして1910年頃、ガーランドスタイルがやはり人気を博すと今度はアールデコを先取りするのです。
(カルティエがアールデコ期に製作したジュエリーの地金のほとんどはプラチナ、そしてプラチナは他のメゾンや工房より10年プラチナを早く取り入れていることでも知られています)。
下記は1930年にカルティエNY製作の花かごのブローチ。
ダイヤモンド(バゲットカットとブリリアントカット)にロッククリスタルとムーンストーンと言う白と透明色の色の組み合わせもまたアールデコならではの色彩です。

カルティエNY製作の花かごのブローチ

ギロッシェエナメルも得意としました。
下記は当店扱いのカルティエのボタン、推定1920年頃。

カルティエボタン

カルティエは近年では文化技術促進の活動も積極的に行っています。
先日はモナコ公国王妃を描いた「グレース・オブ・モナコ」で撮影に協力をしました。
モナコ公国の同意のもと、ダイヤモンドの婚約指輪やモナコ王妃が実際に所有していた「カルティエ」の5つのジュエリーをアトリエで完璧に複製。
また、パリのリュ・ド・ラ・ペ13番にある「カルティエ」のブティックが映画で出てくる他、パス・ベガやティム・ロスなどの出演者もさまざまーンで「カルティエ」のアイテムを身に着けます。
グレース・ケリー役のニコール・キッドマンがこれらのジュエリーを身につけています。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×