ギロシェ銀ピルケース(19世紀末、エンジンターン)

数少ないギロシェのアンティーク19世紀末のフランス製のシルバーピルケース。
このケースの最大の魅力は何といっても、その素晴らしいギロシェ技法にあります。
表面の一部と側面、裏面全面にぎっしりと施されたギヨシェ。
エナメル以外で、ギヨシェが見れるアンティークは実際とても少ないです。
非常に細やかなギロシェで完成度も素晴らしいです。
隙間ない緻密な銀細工の世界5センチにも満たない小さなケースなのに、どの面を見ても隙間なく銀細工が施されています。
何より素晴らしいのはギロシェですが、それ以外の細工も見事で蓋の外枠には、当時流行していたガーランド模様(花綱)が彫られています。
ケース自体にも適度な厚みがあり、100年以上たってもまったくゆがみの見られない丈夫なものです。
これは現在の鋳造とは異なり、金属をさんざん叩いて鍛えて作っているからです。
フランスの銀の刻印あり。

  • 幅:45mm 
    高さ:18mm 
    重量:21g
  • 販売価格:売り切れました。

ギロシェ銀ピルケース(19世紀末、エンジンターン)

世界にひとつだけの一点もの

  • 裏面のギロシェに圧巻。典型的なエンジンターニングが楽しめる貴重なもの
  • 愛らしいガーランドとクールなエンジンターンの組み合わせがうまいです
  • 側面も内側も奇跡的にキレイな状態で、どこから見ても美しいです
  • 側面の一瞬凹んでるように見えるところに、フランスの銀の刻印が押されてます
  • 蓋も密封できますので、実際に小物や薬を入れて持ち歩くことができます
  • ギロシェ銀ピルケース(19世紀末、エンジンターン)
  • ギロシェ銀ピルケース(19世紀末、エンジンターン)
  • ギロシェ銀ピルケース(19世紀末、エンジンターン)
  • ギロシェ銀ピルケース(19世紀末、エンジンターン)
  • ギロシェ銀ピルケース(19世紀末、エンジンターン)
  • ギロシェ銀ピルケース(19世紀末、エンジンターン)

上の写真をクリックするとギロシェ銀ピルケース(19世紀末、エンジンターン)の大きな写真が切り替わります。

ギロシェ銀ピルケース(19世紀末、エンジンターン)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

エナメルのアンティークジュエリー「ギロッシュ(ギロシェ)」

アンティークジュエリーで時々登場するエナメル。
その柔らかな質感は、どんな高価な宝石を使用したジュエリーにもかえがたい魅力があります。
繊細で高い技術を要するエナメルジュエリーは、現代のジュエリーでは見られなくなってしまっているので、良質なエナメル使いはアンティークジュエリーの醍醐味の一つです。
いくらお金を出そうと、現代のもので同レベルの美しさを持ったエナメルジュエリーを手に入れることはできないです。
アンティークのエナメルジュエリーももともと数が少なく、今後ますます手に入らなくなること必至です。

エナメルはその技法もバラエティに富んでいますが、基本的には粉末のガラス質のエナメルで、金属やガラスなどに焼き付けたり、そこに絵を描いたりしたジュエリーを指します。
その歴史は古代エジプトにさかのぼり、19世紀後半にかのジュリアーノ一族によって一躍脚光を浴びます。
19世紀後半にルネッサンス様式に着想を得たエナメルの重ね塗りで、一世を風靡。
白・黒、ブルー・白の点描などが有名です。
カルロジュリアーノの二人の息子、カルロとアーサーが父の跡を継ぎ、ジュリアーノ一族のエナメルワークは更なる発展を見せます。
またスイスジュネーブのスイスエナメル、フランスリモージュ地方のリモージュエナメルも人気です。
アールヌーボー時代には、透明なエナメルも好んで用いられました。

フランスアンティークジュエリーに使われているエナメルの色は限られています。
多いのが、黒エナメル。
黒は額縁のような効果をもたらしますので、特にダイヤモンドや真珠などとあわせて使われることが多かった色で、濃淡は様々です。
そして続いて青色のエナメル。
特にフランスのアンティークジュエリーでは、鮮やかな青や水色を好んで使われました。
その他、アンティークジュエリーに登場してくるエナメルは赤色、緑色、紫色ぐらいです。
白を使ったエナメルもありますが、部分的な使い方が多いです。
濃い目の色が多いのは、やはりジュエリーの中でエナメルは額縁のように全体を引き締める効果のために使われることが多かったからでしょう。

「ギロッシュ(ギロシェ ギヨッシュ)エナメル guilloche」もアンティークジュエリーに使われたエナメル技法のひとつです。
ギロシェエナメルとは、通常のギロシェ(エンジンターンを使って金属にギロシェを施す)の上に、透明あるいは半透明のエナメルをかけて下地の線刻模様を浮き出す技法のことです。 ギロッシュエナメルアンティークロケットペンダント(金細工、ダイヤモンド、真珠)

彫金加工された金属の表面に透明から半透明の釉薬をかけます。
金属の表面に同心円、放射状など繊細な模様を彫りこみ、そのうえに半透明のエナメル質をかけるのです。
金属の彫刻の上にエナメルをかけると、彫刻の深い浅いによって、エナメルの色が濃淡が生まれ、色合いの深みにつながります。

帝政ロシア時代の奇才ファベルジェ(1846-1920年)の得意とした技法として知られています。
下記は数年前にササビーズに出展されていた、ファベルジェのギロッシュエナメルのシガレットケース(推定1904-1908年)。
これだけの作品ですが銀製です。

ファベルジェ

エナメルの色合いの美しさと彫りの美しさの両方を楽しむことができる、アンティークジュエリーにおいても非常に愛され、探されているジュエリーです。

カルティエも特に20世紀初頭、時計などを中心にこのギロッシュエナメルを好んで用いています。
下記は推定1920年頃、カルティエのカフスボタンです。
小さな面積の中に美しい、ギロッシュエナメルが施されています。

カルティエ カフスボタン

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×