アンティークジュエリーボックス(布地、19世紀)

子供のころからの女の子の夢を叶えてくれそうな、宝箱のようななアンティークジュエリーボックス。
エメラルドグリーンとターコイズブルーを足して2で割ったような、フランスらしいブルーの布地のジュエリーボックス。
中にはエンジ色の細かく仕切りがあり、2段重ねでたっぷり収納できるようになっています。
ジュエリーボックスに欠かせない鏡には、西洋らしい四面加工が施されていて、鏡にも傷みがほとんどありません。
19世紀末のフランスのアンティークジュエリーボックスですが、表面の上部布地に経年による布の汚れと傷みがあるほかは、いたってキレイな状態です。
蓋もきっちりしまり、鍵をさしこむような口もあります。
鍵はついていないので、なにか適当な鍵やチャームなどをつけても素敵だと思います。
上カバーにはシルバーでモチーフが描かれていて、当時かなり贅沢な宝石箱であったようです。
これはもともとの作りなのだと思いますが、中に何も入れないで蓋をあけると鏡の重さで後ろにひっくりかえっていってしまいます。
これもご愛嬌、中には必ず何かモノを入れて使いましょう!

  • 幅:230/155mm 
    高さ:90mm 
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークジュエリーボックス(布地、19世紀)

世界にひとつだけの一点もの

  • シルバーでできた装飾部分が見事です
  • 中敷きは、木に布を張って作られています
  • 中敷をとるとこんな感じです
  • 四面加工されたキレイな鏡に注目!
  • 鍵を差し込む穴がついていますが、鍵はついていません
  • アンティークジュエリーボックス(布地、19世紀)
  • アンティークジュエリーボックス(布地、19世紀)
  • アンティークジュエリーボックス(布地、19世紀)
  • アンティークジュエリーボックス(布地、19世紀)
  • アンティークジュエリーボックス(布地、19世紀)
  • アンティークジュエリーボックス(布地、19世紀)

上の写真をクリックするとアンティークジュエリーボックス(布地、19世紀)の大きな写真が切り替わります。

アンティークジュエリーボックス(布地、19世紀)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークバッグ

気が遠くなるほどの時間をかけて手作業で作られたアンティークバッグ。
装飾性が高くまるで1つの芸術品のようなところが魅力です。
アンティークバッグには色々な素材のものが存在します。
布地、刺繍の施されたもの、ビーズ、ベークライトやプラスチックが使われたもの、 革製のバッグ、石や宝石等があしらわれた豪華なバッグ等。
アンティークバッグの魅力は何より現在では復元するこごができない手の込んだ華美な装飾にあります。
またその時代のファッションを如実に伝えてくれます。
アンティークバッグは当時の夜会用に作られたものがほとんどですから、いずれのバッグも小さめでちょっとしたものしか入れることができません。
現代の女性には実用的ではないですが、まさにその小ささにも過ぎし日のエレガンスを感じます。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×