--- アンティーク・エピソード ---ペリドット(Peridot)のアンティークジュエリー

オリーブグリーンの艶やかなペリドット。
ジュエリーの歴史の中でも、最も古い歴史を持つ石の一つです。
ペリドットとは宝石名で、鉱物名はオリビン(Olivine)。
オリビンは、「オリーブ色」から来ています。
古代エジプト人は、ペリドットが恐怖を取り除き、平和や喜びを授ける石と信じていたそうです。
またローマ人はその石が夜暗くなっても、まだ見ることができ、色が暗くならなかったので、「イブニングエメラルド」と呼びました。
以降、西洋のアンティークジュエリーにおいて珍重されてきたペリドットは、その後中世の十字軍の時代には「守り石」にもされてきました。
ぺリドットがもっとも隆盛したのは、19世紀後期(イギリスで言うところのヴィクトリアン時代後期)からアーツアンドクラフツ、アールヌーボー、20世紀初頭(イギリスで言うところのエドワーディアン)です。
特にぺリドットを愛したのがイギリスのエドワード7世(アルバートエドワード)。
フランスではルネラリックなども好んでこの時代に重用した宝石です。

ペリドットは鉄の成分がその石の構造上不可欠で、その鉄が明るく黄色がかった緑色を造りだします。
滑らかな黄緑色が魅力的なペリドットは、「イブニングエメラルド」の異名を持っています。
それはなぜかというとペリドットが持つ、複屈折という特徴のため、ほの暗い照明の下で、驚くほど高い輝きを発するからです。
複屈折とは簡単に言ってしまえば、宝石に入った光が一筋の光として出て行くのではなく、二重の光となって出て行く性質のことです。
そのためペリドットを見ると、反対側の稜線が明らかに2重になって見えます。
同じような複屈折の特徴を持つ宝石にルビー、サファイア、エメラルドがありますが、屈折率が高いペリドットのほうが顕著にこの複屈折の特徴が出るのです。
ぺリドットは8月の誕生石の一つであり、石言葉は「夫婦の幸福」です。
結婚16周年目に贈る宝石でもあります。

関連商品

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
インスタグラム
新着ジュエリーをいち早く写真でご紹介
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.